うみのめブログ - うみのめぐみ

うみのめブログ

うみのめぐみは冬の休み中ですが、お客様からのリクエストがあればツアー開催しています。ツアー予定がないので、リクエストにはとてもお応えしやすい時期です。気軽に相談くださいね。

 

ということで、急きょいただいた「和歌山に潜りに行きたい!じっくり水中生物と向き合って写真を撮りたい!」というリクエストにサクサクっとお応えして、和歌山県の古座と須江というエリアに潜りに行ってきましたー。

 

 

 冬に潜るって!?「寒くない?」

確かに、「寒い!!」笑。でも、海の中にはダイバーは少ないし(混んでない!)、夏に比べると透明度が良いし、水中生物をじっくり楽しめる。それが冬のダイビングのメリットです。夏と違って着用するスーツが変わります。中が濡れない(スーツを脱げばそのまま陸上で過ごせるようなインナーを着ます)ドライスーツという低水温時に着るスーツがあるんです。

着たことがない方で不安に思う方もいますが、着慣れるように、そしてドライスーツで潜れるようにちゃんとサポートとアドバイスもしますよ。(初めてドライ着用したお客様のブログ↓)

https://umino-megumi.jp/info/2379489

 

そして、夏(温かい時期)と違う生物が見れる。それが今回もめっちゃ楽しめてよかったですよー

52303865_2531149216957503_1846057800875114496_n.jpg

↑ 撮影:Kちゃん提供のウデフリツノザヤウミウシ

 陸上では見ることができない、こんなカラフルでかわいいウミウシが続々出てきて、まるで宝探しのようなダイビングが楽しめるのも冬の醍醐味です。

 

 2日間で古座と須江を潜りわけてきたよ

古座のダイビング情報…強い北西が吹きやすいこの時期は、穏やかで潜りやすい古座が迎えてくれます。

水温:17℃ちょっと

透明度:10-15m

52001205_639586296478011_6360634518545629184_n.jpg

↑ 撮影:Kちゃん提供 ゴルゴニアンシュリンプ(エビ)

51924574_2307599102897024_8377099867058601984_n.jpg

↑ 撮影:Kちゃん提供 ビシャモンエビ

須江のダイビング情報…冬の期間だけオープンする須江の「内浦ビーチ」はワイドもマクロも魅力いっぱい

水温:17℃くらい(例年に比べると温かい)

透明度:10-15m

52013972_250106359069000_7278069692231581696_n.jpg

↑ 撮影:Kちゃん提供 アミメハギの赤ちゃん

52173574_2505727539468713_2252073909908144128_n.jpg

↑ 撮影:Kちゃん提供 セミホウボウの赤ちゃん

52712806_287360971939709_1505837292281921536_n.jpg

↑ 撮影:Kちゃん提供 キタマクラの赤ちゃん

須江はワイドもめっちゃ楽しい!

P2100079.jpg

↑ 撮影:Kちゃん提供 メアジの大群

P2100100.jpg

↑ 撮影:ようやくわたしです(笑) イサキのめっちゃ大きな壁

今回、初めて須江のボートダイビングを楽しんできたのですが、「こりゃぁおもしろい!!」。何度も潜って、開拓したくなる海でした。またツアーを企画しますので興味がある方は、お気軽にリクエストくださいね。

 

 冬休み期間でも動けます!リクエスト大歓迎です。

 冬休みはまったく静かに眠っているのではなく、温かくなる時期に向けて爆発エネルギーを貯めたり、もっと楽しい遊び企画はないかと考える大切な時期だと考えています。

なので、考える時間の合間に「潜りたいんだけど!」ってリクエストもらえるのは、ぜんぜん問題ないんです!新しい発想が産まれたり、新しい経験ができたり。一緒にうみのめぐみを育ててもらえると嬉しいです。

次回、リクエストで開催されるファンダイビングツアーが2個あります!

2月24日(日) 日帰り(前泊あるかも?)三重県「南勢ダンゴウオの赤ちゃんツアー」

3月23日(土)-24日(日) 和歌山県「日高と須江ダイビングツアー」

Messenger、LINEお待ちしております!

友だち追加

実はまだ2019年のゴールデンウィークの予定が決まっていない、なんてことありませんか?

安心してください、空いてますよ

「うみのめぐみ」は、2019年のとんでもなく遊びに行きやすい長期のゴールデンウィークにファンダイビングツアーを企画しています。目玉となる行き先はフィリピンのセブ島・モアルボアル。こんなにもコンパクトで過ごしやすいリゾートがあるのか!?と、初めて訪れた時には感激しました。小さな田舎のリゾートらしいホテルではありますが、食事のお店、ダイビングサービス、Barなど、すべてが徒歩圏内におさまっているのでとにかく気楽に過ごせます。

帰るときには、すっかりココロの洗濯が進んで穏やかな気分で日本に帰れます。ダイビングはお店の目の前の海で、大きな雲のように固まるイワシ玉から、抜けるような透明度にハッとする海に「満足保証」をお付けします。

そんなGWの目玉「セブ・モアルボアルのダイビングツアー」をご紹介しますね。

 

 セブ島はフィリピンですが、モアルボアルってどこ?

日本から約4時間半(直行便の利用で)のセブ島。時差は1時間で、日本が約1時間進んでいます。

セブについたらおむかえの車でビューンと3時間(南に下って、西側の海へ出る)。小さな小さなリゾートに到着です。

日本に比べるとホテルのシャワーは勢いがないし、クーラー調整がけっこう難しくって(ガンガン冷える)WiFiのスピードも遅いけど、それでも南国らしいのんびりとした時間が流れてる。半袖と短パン、ビーサンで過ごすことになじんでいく、そんなモアルボアルで過ごしてみませんか?

 

ダイビングの見どころは、なんといっても”イワシ玉”です。まるで大きな大きな雲のように広がる巨群には圧倒されること間違いなし。サンゴもキレイ。ウミガメもたくさん。なによりフィリピン固有種がザクザクです。

 DSC_6598.jpg

 

 

 

 わたしのダイビングスキルでも潜れますか?

セブの島々に浮かぶ変わった形のバンカーボートを現地のフィリピンおじさんが巧みに操って、わたしたちをダイビングポイントに連れて行ってくれます。ポイントにはブイが設置してあり、それにボートを停泊させてロープ沿いに潜るので「潜降どきどき」ダイバーでも安心な、初心者向きなポイントばかりです。

 

時には流れるポイントもあるし、底は見えるのか!ってくらい深いドロップオフで中性浮力とったりってことも必要だけど、それは【うみのめぐみ】にお任せください。サポートはしっかりしますっ!

P2090290.JPG

 

 

 ツアーのスケジュールは?ご飯はついているの?

2019/05/02

関空集合13:00(カウンターは後日案内) 15:25発- セブ空港19:10着

2019/05/03-05(3日間)

ホテル朝食付き 各2ボート(3ボート目は追加5000円でできるよ!)

(ランチとディナーはついていないので、みんなでお食事屋さんへ)

2019/05/06

早朝4:00ころホテル出発(サンドウィッチ朝食付き) セブ空港9:10発- 関空14:25着

※1 往復ともにフィリピン航空を利用します 23キロ×2個まで預けOK 機内食アリ

※2 両替は日本でしておきましょう(ペソ、日本円、ドルが使えます)

※3 空港を出たらクレジットカードは基本的に使えません

※4 現地サービス「エメラルドグリーンダイブセンター」についてはQRコードにて

※5 物価は日本の約3分の1程度です(現地でのお食事費の参考に) 1ペソ≒2.06円

 

※6 シングルご希望の方は確保数に限りがございます お早めにお申し出ください。

 

 ツアー料金をおしえてください。

243,000円(税込)/おひとり様

往復飛行機、6ボートダイビングとホテル(朝食)、機内食、関空使用料、観光税が含まれます。

器材レンタルは別途。デジタルカメラやダイブコンピューターのレンタルはお早めにお知らせください。

お部屋はツイン、もしくはトリプルご利用となります。

シングル追加は19000円(4泊分) ※限りがございますのでご希望に添えない場合もあります。

お帰りの空港で出国税850ペソ1ダイブあたり100ペソの入海料(ツアー計600ペソ)が徴収されます。

 

 空きが少なくなっています!お申し込みはお早めにー

どこに行くにも混みあうゴールデンウィークです。ツアーの空き状況もじわじわと減っています。確保しているホテルと飛行機があるうちに、お申し込みは急げ!!

ツアーお申し込み〆切…2019年2月28日(木)

 

 

▼ご予約はお申し込みフォームから▼

http://bit.ly/tour_form

2019年1月。うみのめぐみは1周年を迎えました。

ダイビングを中心に、楽しい海遊びをお客様と一緒に。そんなツアーを開催してきました。

おかげさまで「うみのめぐみ1歳」。大きくなったわけでもなく、立派な成長もしていませんが、1㎜でも「うみのめぐみで遊びたい」と思ってくださったお客様のおかげで、もう少し成長した2歳になろうと思えるようになりました。自分の腕が最大限に伸ばせる範囲で、わたし自身が「楽しい!!」と思うことをやり続けていきます。

 

ダイビングが大好きで、ダイビングのおかげで今の自分がある、ということを忘れず大切に。

 

 1周年&新年会には12名のお客様が来てくださいました!

お申し込みを募集し始めたのは2018年11月頃。うれしいことにお申込み第1号は「まだお会いしたことない、初めてのお客様」。届くんですね、わたしのようなやり方でも。そんなふうにスタートした募集から、ついに年を越し、1周年&新年会の日はやってきました。

 

初めてお会いする方もいらっしゃるので、みなさんの会話が楽しく進むように「お一人様、3分程度」の自己紹介タイムを。どんなダイバーで、今のことつながりが最初に知っているだけで、こんなふうに会話がはずんむんだなぁと感心。やってよかったことの一つです。

ムードメーカーのN子さんはわたしの無茶ぶりに、ダンスまで披露してくれてましたよ笑↓

P1060331.JPG

沖縄に移住するんだというY子さんは、まさにダイビングにドはまり中でダイビングを楽しんでいるんだなぁと伝わりました↓

P1060332.JPG

 

 

 

皆さんの会話が楽しそうで、それを見ているだけでうれしかったです。

P1060328.JPG

 

 

 「交流会」2019年は定期的にやろうかな

毎月はちょっと多いけど、こうやってみんなでワイワイお話する会を定期的にやっていこうかなと思います。ダイバー同士がつながったり、交流したり、ダイビングを再開しよう方というきっかけになるのを見てて、わたしはこういう場所を作るのが好きだし向いてるようだし。

また日程を決めてご案内していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

今回、集まってくださったみなさん、楽しい1日をありがとう&私にも「またやろう!」と思うきっかけをくれてありがとうございました!!

ダイビングをはじめると、ほっといてもその名前は度々聞くことになる「ダイバー憧れの海”パラオ”」。わたしも初めてパラオの海を潜ったときは、テンションが上がりすぎてお客さんよりもエアーの消費が早かったのを覚えています(恥ずかしながら)

 

ダイバー界では「魚影、透明度、サンゴもキレイ」三拍子そろっておなかいっぱいになれると有名でテンションが上がってしまうパラオの海、2018年の年越しダイビングから2019年の初潜りをたっぷり堪能してきました!

 

パラオの海ではどんな生物に会えたの?ダイビングはどうだったのかなどなど、ここでのんびり報告します。また、今回の記事には書ききれない「ほかにもめっちゃ笑える」動画が満載なんです。スピンオフとしての(番外編)記事も書こうと思っています。そちらも別でご期待くださいね。

 

 今回のパラオツアーは関空発着。台北経由で帰りは1泊台湾も楽しんだよ。

今回のコースは、往復で関空発着。チャイナエアラインを利用したので、台北を経由しパラオに到着。台北でのトランジットが約2時間くらいあるのでツアーのスタート日は移動だけで過ごしました。

「台湾桃園国際空港」が5年前に来た時よりもめちゃくちゃきれいに、しかも広くなっててビックリ!急な搭乗口変更で、ずいぶんと歩き回ったのが今回で一番運動した気がします笑

※急な搭乗口変更の際には、案内所の方にしっかりと場所を聞いてから動くことをおススメします。空港内をうろうろと歩き回ってしまいます。

 

先に帰りのことも。今回は、パラオからの帰りは「台湾で1泊して遊んで帰るプラン」だったので、ツアー最終日は台湾で朝から昼過ぎまで時間がありました。

時間がたっぷりあるので、どこか1つでも台湾の観光地を回れないかと探して「朝から行く”九份”貸切りタクシー」を。当日は土砂降りの雨だったのはしょうがないのですが、こんな感じでパラオの帰りに台湾に寄って帰るのもツアーも楽しいですね。(ちょっと贅沢すぎるけど)

IMG_2635.JPG IMG_2642.JPG

 

 パラオのダイビング。どんな生物に出会えたの?どんなことしたの?

さぁ本題はパラオの海です。わたし個人的にはダイビングを始めて、今回が6回目のパラオだったのですが、たぶん今回が今までで一番濃厚なダイビングで「ダイバー憧れの海」というカンムリがウソでもなく、誇張でもないとしょうめいしてくれる贅沢な海でした。

 

ダイビング初日は12月30日。2018年残りあと2日。朝から半そでで過ごせる南国の陽気で、しかも風もなく穏やか。ホテルの窓から見える海の景色を見て「これは期待できるなぁ」って顔がにんまりしちゃうほど、よさげなコンディション。

ちなみに今回泊まったホテルは『パレイシアホテル』。パラオの中心的な場所にあり、老舗のシティリゾートホテル。新しくはないけど、広くて、ホスピタリティも温かく、ダイバーには大人気のホテルです。毎日、海に出かけるお客さん用にマリンタオルの貸し出しをしてくれるのは本当に助かります。

1231_palasia.jpg

※うしろにあるのがパレイシアホテル

パラオのダイビングポイントで一番有名な「ジャーマンチャネル」と「ブルーコーナー」に初日から行けたのは、今回のツアー運が良かった象徴ですね。海況も、流れも、とにかくすべてがベスト。見たかったナポレオンも、 マンタも、ギンガメアジもバラクーダも、とにかく目が落ち着く瞬間が一度もなくって。

1230_naporeon.jpg

1230_manta.jpg

1231_baraku-da.jpg

 

参加してくださったお客様のKちゃんは普段はマクロ仕様の一眼レフを持ってダイビングするんですが、 今回は「マクロの出番がないかもしれない」ということでワイドな動画撮影にもってこいのGoPro7を購入し、パラオに挑むことに。

「持っていって良かったー」言うほど、ワイドが盛りだくさんでした。撮影した動画については、また後日別記事を書かせてもらおうと思います。おもしろい動画や、大迫力な瞬間が取れた動画などをたっぷり載せようと思っていますので、ご期待くださいね。

さて、そんなKちゃんが12月31日、パラオのダイビング2日目、そして2018年の潜り納めの日。ついに600本を迎えることになりましたーおめでとう!!!!

PC310130.JPG

1231_kazutyankine.jpg

現地でお世話になった「クルーズコントロール」さんからもお祝いのプレートをもらって、ありがたくも贅沢なダイビングとなりました。

Tさん、念願のギンガメアジに突っ込んだり↓

0101_gingame.jpg

 

日本にはいないカニハゼ撮り放題したり↓

0101_kanihaze.jpg

 

パラオでダイビングするなら必須であるカレントフックを使ってみたり↓

PC300074.JPG

 

日本のお正月気分に離れないまま、気が付けば2019年になっていたダイビング最終日1月1日。ダイビングボートで一緒に乗船したほかのお客様と記念撮影したりと、最後までたっぷり遊びきりました。

 

0101_kinen2.jpg

 

1231_ginngame.jpg

 

 

 

 

 

 ダイビング以外では…

ダイビングがめっちゃ楽しかったので陸遊びはちょっと大人しめに笑。

ホテル前のカフェでまったりと「今日のダイビング」についてお話したり↓

1231_cafe.jpg

 

ダイビングサービス前の桟橋で360度カメラで遊んだり↓

360_sanbashi.jpg

ダイビングのない出発日にはミルキーウェイに出かけたり(動画ばかりなので、それはまたパラオのスピンオフ記事で) していました。

 

参加してくれたN子さんは「もうお腹いっぱい…どこ見たらいいかわからないくらい」とつぶやき、Tさんは「あんなこと見れるなんて…」と呆然とし、Kちゃんは「初めてのパラオでこんなに楽しめるなんて…」といつも通り興奮してて、わたしも「もうパラオ、一生分味わえた」と思っています。

やっぱり、ダイビングツアーはいいなぁと思います。ひとりで遊ぶより、きっと何倍も楽しさを感じて共有できます。そして、きっと安心。ダイビングの不安が減ります。「うみのめぐみ、やっぱりお客さんと一緒にファンダイビングするのが大好きだ!」と改めて実感しています。2019年も、これからも楽しいダイビングツアーを企画して開催し続けていきます。

パラオに行ってみたいダイバーさん、ぜひリクエストしてください。楽しくエスコートさせていただきますよー

ということで、今回の年末年始パラオツアーは無事に終了です。動画満載のスピンオフ記事をまた近々書きますのでお楽しみに♪

参加のみなさん、いつもありがとうございます。また遊びましょうね!!!

ちまたはクリスマス一色だった、12月22日から24日の連休。

 

「和歌山で潜りたい!」といって、はるばる沖縄から来てくれた友人といっしょにクリスマスは海の中で楽しむことになり。お客さんにもファンダイビングツアーをやろうと思うけど行きますか?といってみたところ、参加したいという声をいただきドライスーツ準備していってきましたー

もちろんクリスマスっぽくサンタさんの帽子もかぶって記念撮影も。

 

 

 ドライスーツデビュー!初めて着たスーツで潜ったよ!

 

まずは初めてのドライスーツにチャレンジ。という、初々しいお客さんTさんと。首や、手首を通すことに最初は苦労してたけど終わったときにはずいぶん慣れてすっかりダイバーらしくなったTさんなのでした。

81f512c9-decc-4b42-bd63-0ada04391afe.jpg

水中は透明度もよく、小さな生物たちも豊富でついつい写真撮影に夢中になってしまいます。

IMG_2394.JPG

 ドライスーツで潜ったことがない、潜るよりもスーツを着たり脱いだり大変そう、浮力のコントロールが難しいって聞いたけど…経験がないことにチャレンジするのは不安ですよね。お客さんからそんな不安について相談を受けることがあります。

 

うみのめぐみはそんな不安を一緒に解消したいと思っています。ドライスーツの着脱や、浮力のコントロールについて丁寧に説明して、バディとして一緒に潜ります。水中で困ったときもサポートできる距離でガイドします。潜っていくうちに、ドライスーツの不安を忘れて楽しんでいる自分に気づくはず。ドライスーツでのダイビングに迷っているなら、エイッと相談してみてください!

 

 

 593本目!記念日は楽しく過ごしたい!

 

初日は和歌山・串本をぐるっと東側に回り込んだエリア「古座」の【ダイブクーザ】さんを利用してダイビング。クーザさんの記念ダイビングキリ番は”93=クーザ”なんです。なので、今回593本目を迎えるKちゃんの強いリクエストで笑、クーザさんにお祝いも頼んじゃいましたー!

おめでとう!!Kちゃん

48396114_337690040294792_7309683683777052672_n.jpg

 「●●本の記念ダイビングしたい!」「お誕生日は水中で!」など、せっかくの記念日をダイバーなら海で過ごしてみたい気持ちはあるはずです!

記念ダイビングをお祝いしてほしいというご要望はお任せあれ。いつでも、お気軽にご相談ください。忘れられない、楽しいダイビングを計画します。

 

 古座の海がキレイだったので、テンション上がっちゃいました!

 

なんどか古座エリアで潜ってきたなかで一番きれいだったかも?!青い海がわたしたちを迎えてくれたんです。こんな日があるからダイビングはオモシロいなぁと思います。

さらに、ダイビングで見られるとちょっとテンションが上がる生物もモリモリいてました!記念ダイビングを迎えたKちゃんに写真まで提供してもらいましたー

 

これがえびなのか!?ゴルゴニアンシュリンプ

49461876_307474389875580_5268596017900552192_n.jpg

 

 

スケロクウミタケハゼ

48425010_2196320980590549_7838094502341378048_n.jpg

 

 

アヤトリカクレエビ

 

48427402_2526160190759853_367006089314566144_n.jpg

 

 

ナヌカザメのたまご

IMG_2390.JPG

 

 24日はみなべに移動してたっぷり水中写真に夢中です。

 

 

次の日はみなべまで大移動。見える景色も、水中も雰囲気がガラッと変わり2日間で2度おいしい海となりました。

このあたりの海で有名な(だった)オオカワリギンチャクもずいぶん数が減ってしまって見つけた時にはちょっと寂しい気分に。これからダイバーにしっかり守られて、また復活してくれることを願います。

48981201_778013995880583_8835551762929680384_n.jpg

 

最近出ていると現地のガイドさんに情報をもらってみることができたクマドリカエルアンコウがめちゃカワイイ。

48424445_288833688645874_1089361275730788352_n.jpg

 

大きくなるとブチャイクになるミヤコウミウシも小さい時はちょっとキュート。

48415222_2261743100711308_6019758177036271616_n.jpg

 

 ボートの上はちょっと寒かったけど、太陽には恵まれてやっぱりダイビングの楽しさを実感できた2日間でした。年末年始はパラオにお出かけして年越しします。

年が明けて2019年1月6日(日)は「☆うみのめぐみ☆1周年&新年会2019」を開催します。ギリギリまで申し込み受付OKです。イケそうだ!ってなれば気軽に下記URLからお申し込みくださいね。

http://bit.ly/partyuminomegum

その後は、しばらく冬のお休み期間(1月~4月初旬まで)をいただきます。パワーをたっぷり充電してGW前に目を覚まします!連絡はお休み期間中でも受付OKですよ。MessengerやLINEでお気軽に話しかけてください◎

2019年の☆うみのめぐみ☆スケジュールも参考に楽しいダイビングライフを一緒に過ごしましょう!

http://bit.ly/scheduleumino

 友だち追加

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...