男性的なダイビングが好き! - うみのめぐみ

うみのめインフォ

数日前にテレビを見ていると「与那国島のハンマーリバー撮ろう」みたいな番組やってた。

与那国島に通っていた数年前を思い出して懐かしくなったので、

今日は大好きな与那国島のお話。

 

ダイビングのスタイルで、「どんなダイビングが好きですか?」って質問はテッパンで

本当によく聞かれる。

基本的にダイビングが大好きなので、どんなダイビングも楽しめる自信はある。

 

ただ、与那国島のダイビングスタイルは一味も二味も違い、

沖縄の中でもスペシャルなダイビングスタイルで、私の好みの中では1位、2位を争う。

 

ハンマーヘッドシャークの群れに、ただひたすら出会えることを祈る、ギャンブルダイビング。

荒れる海に飛び込み、水底も見えないほどに深さの海を漂い、

たった30分だけと決められたダイビングの中で、ガイドの動きがブルっと急変するのを見逃さず、

カンカンとタンクを鳴らされた瞬間のフィンキック、その先に見えるハンマーヘッドの筋肉…

どんどん見えてくる群れの全貌、もうたまらん、のである。

 

砂地をゆったり漂い、きれいな小魚たちを眺めるダイビングが女性的と表現するならば、

与那国島のダイビングスタイルはごっつい男前。

その男前ダイビングにめちゃくちゃ惚れこみ、3シーズン通って、お手伝いさせてもらった。

今、思い出しても、私にとって与那国で過ごしたあの期間は2回目の『青春』だったなぁ。

 

ひさしぶりに男前ダイビングを楽しみに行こうかしら。