うみのめブログ > 2018-12 - うみのめぐみ

うみのめブログ

ちまたはクリスマス一色だった、12月22日から24日の連休。

 

「和歌山で潜りたい!」といって、はるばる沖縄から来てくれた友人といっしょにクリスマスは海の中で楽しむことになり。お客さんにもファンダイビングツアーをやろうと思うけど行きますか?といってみたところ、参加したいという声をいただきドライスーツ準備していってきましたー

もちろんクリスマスっぽくサンタさんの帽子もかぶって記念撮影も。

 

 

 ドライスーツデビュー!初めて着たスーツで潜ったよ!

 

まずは初めてのドライスーツにチャレンジ。という、初々しいお客さんTさんと。首や、手首を通すことに最初は苦労してたけど終わったときにはずいぶん慣れてすっかりダイバーらしくなったTさんなのでした。

81f512c9-decc-4b42-bd63-0ada04391afe.jpg

水中は透明度もよく、小さな生物たちも豊富でついつい写真撮影に夢中になってしまいます。

IMG_2394.JPG

 ドライスーツで潜ったことがない、潜るよりもスーツを着たり脱いだり大変そう、浮力のコントロールが難しいって聞いたけど…経験がないことにチャレンジするのは不安ですよね。お客さんからそんな不安について相談を受けることがあります。

 

うみのめぐみはそんな不安を一緒に解消したいと思っています。ドライスーツの着脱や、浮力のコントロールについて丁寧に説明して、バディとして一緒に潜ります。水中で困ったときもサポートできる距離でガイドします。潜っていくうちに、ドライスーツの不安を忘れて楽しんでいる自分に気づくはず。ドライスーツでのダイビングに迷っているなら、エイッと相談してみてください!

 

 

 593本目!記念日は楽しく過ごしたい!

 

初日は和歌山・串本をぐるっと東側に回り込んだエリア「古座」の【ダイブクーザ】さんを利用してダイビング。クーザさんの記念ダイビングキリ番は”93=クーザ”なんです。なので、今回593本目を迎えるKちゃんの強いリクエストで笑、クーザさんにお祝いも頼んじゃいましたー!

おめでとう!!Kちゃん

48396114_337690040294792_7309683683777052672_n.jpg

 「●●本の記念ダイビングしたい!」「お誕生日は水中で!」など、せっかくの記念日をダイバーなら海で過ごしてみたい気持ちはあるはずです!

記念ダイビングをお祝いしてほしいというご要望はお任せあれ。いつでも、お気軽にご相談ください。忘れられない、楽しいダイビングを計画します。

 

 古座の海がキレイだったので、テンション上がっちゃいました!

 

なんどか古座エリアで潜ってきたなかで一番きれいだったかも?!青い海がわたしたちを迎えてくれたんです。こんな日があるからダイビングはオモシロいなぁと思います。

さらに、ダイビングで見られるとちょっとテンションが上がる生物もモリモリいてました!記念ダイビングを迎えたKちゃんに写真まで提供してもらいましたー

 

これがえびなのか!?ゴルゴニアンシュリンプ

49461876_307474389875580_5268596017900552192_n.jpg

 

 

スケロクウミタケハゼ

48425010_2196320980590549_7838094502341378048_n.jpg

 

 

アヤトリカクレエビ

 

48427402_2526160190759853_367006089314566144_n.jpg

 

 

ナヌカザメのたまご

IMG_2390.JPG

 

 24日はみなべに移動してたっぷり水中写真に夢中です。

 

 

次の日はみなべまで大移動。見える景色も、水中も雰囲気がガラッと変わり2日間で2度おいしい海となりました。

このあたりの海で有名な(だった)オオカワリギンチャクもずいぶん数が減ってしまって見つけた時にはちょっと寂しい気分に。これからダイバーにしっかり守られて、また復活してくれることを願います。

48981201_778013995880583_8835551762929680384_n.jpg

 

最近出ていると現地のガイドさんに情報をもらってみることができたクマドリカエルアンコウがめちゃカワイイ。

48424445_288833688645874_1089361275730788352_n.jpg

 

大きくなるとブチャイクになるミヤコウミウシも小さい時はちょっとキュート。

48415222_2261743100711308_6019758177036271616_n.jpg

 

 ボートの上はちょっと寒かったけど、太陽には恵まれてやっぱりダイビングの楽しさを実感できた2日間でした。年末年始はパラオにお出かけして年越しします。

年が明けて2019年1月6日(日)は「☆うみのめぐみ☆1周年&新年会2019」を開催します。ギリギリまで申し込み受付OKです。イケそうだ!ってなれば気軽に下記URLからお申し込みくださいね。

http://bit.ly/partyuminomegum

その後は、しばらく冬のお休み期間(1月~4月初旬まで)をいただきます。パワーをたっぷり充電してGW前に目を覚まします!連絡はお休み期間中でも受付OKですよ。MessengerやLINEでお気軽に話しかけてください◎

2019年の☆うみのめぐみ☆スケジュールも参考に楽しいダイビングライフを一緒に過ごしましょう!

http://bit.ly/scheduleumino

 友だち追加

わたしがダイビングを始めたころ、カメラを水中に持っていき撮影に夢中になるのはわりあい少数派でした。

いまやカメラを持たないダイバーのほうが少なくて「あれ?カメラは持たないでダイビングするんですか?」と、つい聞いてしまうような世の中に。カメラを持って潜るって、もう特別なことじゃなく「カメラで水中生物や風景をとるために」ダイビングを始めた人もいるくらいです。

もちろん、わたしも、今年はパナソニック、来年こそはキャノンと浮気ばかりを繰り返していましたが、歳をとって丸くなりすっかりオリンパスのカメラに腰を据えて撮影しています。

 

オリンパスのTGシリーズの変貌は目まぐるしく、本当にダイバーの気持ちや状況にそって変化しつづけています。最初に持ち始めたTGシリーズは「TG-3」は、濡れた手をタオルで拭いて、慎重にカバーを開けてSDカードを出す。そしてパソコンにデータを保存する、なんて時代を終わらせました。
手元にないと不安になるほど日常に溶け込んだスマートフォンとカメラを見えない糸(=WiFi)で結びつけ、マジックのようにデータをスマートフォンに移動できる、夢のような時代がやってきたのです。
そして、ついにTGシリーズの最新機種TG-5を購入してしまったのでありますが、なぜ、今TG-5なのか、いったい何ができるようになるのか、ダイバーならこんな進化をしてほしいという、ダイビング雑記ブログを書いてみようと思います。

 オリンパス TG-5で撮影できるこんなこと

もともとTGシリーズは「Tough(タフ)」。落としても、水がかかっても、冷たくても、砂ぼこりにも強いという、どちらかというと”工事現場”のような場所に向いたカメラ。

そこに、もっと一般向けにあると嬉しいアクティブに遊べる機能をこれでもかってくらい、ぜいたくに搭載してくれたのがTG-5。ここしばらく新しい機種発売のうわさも聞かないので、まだTG-5王者のままなんだと思います。

とくにこれがTG-5らしいって機能を列記します。(もっと詳しく知りたい方はOlympusのTG-5製品ページへ)

  • カメラ本体が耐水深15m
  • レンズが明るいのでブレにくい(正確には違うけど、そんなニュアンス)
  • GPSセンサー、温度計、気圧センサー、コンパスを内蔵
  • 顕微鏡モードをはじめとするマクロ撮影
  • 4K動画撮影
山登りも、スキーも、川も、海も地球フィールドの撮影を丸ごと安心して楽しめるのが最大特徴になりますね。
スクリーンショット (1).png

 さらにダイビングで試したいバージョンアップ

 

前述したように、水深15mまでは水圧にも耐えられるTG-5だけど、スキューバダイビングって15mよりも深い場所まで潜ることって普通。

なので、カメラ本体だけをダイビングで使うことはちょっと不安で物足りなくなるので、ほとんどのダイバーはアクセサリーとして販売されている防水プロテクター(PT-058)にカメラ本体を入れて水中で使うことになります。

 

スキューバダイビングをされる方なら分かると思いますが、「近くによってとるとなんか暗い写真に」とか「もっともっと太陽の光も入れて撮りたい」などイメージする画像まであと一歩ってことありますよね?そんなときはドラゴンボールの悟空のようにスーパーサイヤ人まで進化しましょう。

わたしの進化はこんな感じ。

IMG_2139.JPG

防水プロテクターにワイドコンバージョンレンズを装着し(これで太陽の光もバッチリ)、マクロ撮影でよってもライトの光で補助し、ストロボでたっぷり光を当てると、たいていの不満がなくなります。

IMG_0378.jpg

下のサンゴと、上の太陽がセットでバーンと撮れちゃいます。

自分の写真に物足りなさを感じてきたら、財布のひもをゆるゆるにしてサイヤ人への進化が必要になります。が、めちゃくちゃ楽しいです。InstagramなどのSNSでリア充っぷりを自慢したくなります。

 

 わたしはオリンパス TG-5で4K動画を撮るのだ

 

では、わたしはTG-5を新たに手に入れて、いったい何がしたいのかって?それは…4K動画の撮影

動画って長いと飽きちゃうけど、適度な長さで美しいものには目を引かれることが多いんです。動画を撮り、編集し【うみのめぐみ】で潜っている雰囲気や海の楽しさが、もっともっと広がると良いなと思っています。

2019年は水中動画の年にします!!こうご期待くださいね◎

 

2018年12月もあと半分。気が付けばあっという間に2019年になっちゃう前に!

大阪から車で約3時間半の距離にある海でダイビング(潜り)納めしませんか?

串本に宿泊拠点として、古座エリアと海況次第でその近辺で潜るファンダイビングツアーを企画します。

12月後半の3連休でまだ予定が空いてるダイバーさん、ぜひ一緒にクリスマス直前に潜って遊んで、今シーズンのダイビングを納めましょう。

サンタさんやサンタガール、トナカイに変身して潜ってInstagramで自慢しちゃいます!?コスプレセットは用意します!

今回は参加パターンを4つ作りました。大阪から一緒に行くフル参加や、現地集合、現地集合でさらに1日だけの参加など、フレキシブルに対応しますよ◎

さぁ、ダイビングポイントの詳細や、ツアースケジュールや料金をまとめたので、まえむきに参加をお考えくださいね。

 

 大阪から出発して、潜って、帰るまでのスケジュールは?

12月22日

15:00 大阪出発 ※ご自宅付近へのお迎えできます

19:00 宿泊先に到着(和歌山・串本)

20:00 夕飯 ※料金には含まれていません。

 

12月23日

07:00 朝食

08:00 古座エリアへ移動(ダイブKOOZA) ※現地集合の方はここ

09:00 2ダイブ(ボート予定)

12:30 ランチ(お弁当)

13:30 3ダイブ(オプション希望のみです)

17:00 ログつけ ※現地解散もできます(1日のみの参加)

18:00 夕飯【クリスマスパーティしましょう!!】

21:00 パーティ終了ののち宿泊先へ

 

12月24日

07:00 朝食

08:00 ダイビングエリアへ移動(当日の海況でベストな場所) ※現地集合の方は前日に連絡

09:00 2ダイブ(ボート予定)

12:30 ランチ(お弁当) ※※現地解散もできます

14:00 和歌山を出発

19:00 大阪に戻り ※ご自宅付近へのお送りできます。

 

 現地集合は?1日だけの参加はできるの?ツアー料金しりたい!

ご自分の車や、ご自分の都合で電車で参加したい、1日だけでもクリスマスダイビングしたいなどなどフレキシブルに対応します。

スケジュールやお迎え場所、集合時間などなど相談に乗りますので、おきがるにお問い合わせくださいね。

 

1、大阪出発からお帰りまでフルで参加します

ツアー料金:55000円(税込)

往復の交通費、宿泊代(朝食と温泉付き)、4ダイブ費、ランチ2回、保険代がふくまれます。

 

2、現地集合でダイビングの2日間参加します

ツアー料金:43000円(税込)

宿泊代(朝食と温泉付き)、4ダイブ費、ランチ2回、保険代がふくまれます。

 

3、現地集合でダイビングの2日間参加します(宿泊ナシ)

ツアー料金:32000円(税込)

4ダイブ費、ランチ2回、保険代がふくまれます。

※宿泊先はご自身で手配してください。

 

4、現地集合でダイビング1日だけ参加します

ツアー料金:16000円(税込)

2ダイブ費、ランチ、保険代がふくまれます。

 

全ての料金には器材レンタル代は含まれていません。

必要なレンタル器材は下記のご案内になりますので、お申し込みの際におしらせください。

※下記に記載のない器材は単品500円でお貸しいたします。

器材レンタル 料金(税込)
フルセットレンタル(ドライスーツ) 8000円
BCとレギュレーターセット 4000円
ドライスーツ(必要な小物こみ) 2000円
ダイブコンピューター 1000円

 

お申し込みは12月19日(水)までにいただけるとコスプレ準備もバッチリです!

お申し込みフォーム(下のアドレスをクリック)からお願いします。

http://bit.ly/1222uminomegumi

お問い合わせなどは、LINEのトークやMessengerからおきがるにどうぞ。

友だち追加

1