日本海『音海』でダンゴウオ! - うみのめぐみ

インフォメーション

ダンゴウオ。
生まれたばかりの頃は、その大きさも数ミリ程度。
だけど体の柄が本当にキュートで、体の上から見ると天使の輪っかがかかっている。 ダイバーや海洋関係の方でなければ知られていないような、そんな小さな小さなお魚を見つけに福井県の音海まで行ってきた!

この週末は「異常気象?」でもラッキー!?
と思われるほど、好天気の気温上昇で半袖に日焼けスタイル。気温は体感温度でも25℃。


「暑い、暑い」いいながらドライスーツ用のインナーを着て、汗だく(苦笑) いざ、ドボンと海中へエントリーしてみると…水温は13℃!!!(笑) 「ですよねーーー」と思いながら、ダンゴウオが付きそうな海藻を入念にチェック!
※ダンゴウオはおなかに吸盤を持ち、海藻にくっついて流されないように生活している。

 

…いたーーーーー!と、最初に発見してやろうと意気込んでたのに、 見つけれくれたのはバディのお客さん。
悔しい思いはひた隠し。早速、見てみると…「キューーーーート」

目が慣れると、見つけるのは結構簡単でダイビング50分中で10個体以上は見つけたかな。

 

陸に上がると、暑くて体の冷えもすぐに回復するし、 ダイビング器材はすっかり水気も切れるし、本当にいい季節になってきたと実感。 ゴールデンウイークが楽しみですわーーーー☆